地元向けシーカヤック体験会

島の事業者の合同でシーカヤック体験会を企画、実施しました。

P4220418.jpg

今回の開催場所は永田集落です。

P4220431.jpg

大勢の方が参加してくれました。やはり子供達が多いですね。

P4220462.jpg

コンディションにも恵まれ、最高の海日和でした。

P4220451.jpg

たまには地域向けのこういったイベントも悪くないですね。 ツアーとはまた違って、楽しかったです。

P4220453.jpg

ウミガメも沢山見ました。 最期にはサプライズでイルカの大群に遭遇しちゃいましたよ!

みんな大興奮。  なんてラッキーな人たちなんでしょう。 思い出に残ったかな。

 

浅草サンバ隊、もしくは虫?


P5181446.jpg

 安房川を漕いでいると、よく上空からシダの葉っぱが降ってきます。

 眼上の松峰大橋から観光客が飛ばすんです。 ヘリコプターみたいにクルクル舞って降ってきます。

 拾ってお客さんの帽子に刺してみます。

 自分が付けるとまるで昆虫みたいなんですが、ゲストの美女が着けるとなぜか優雅に見える。 ズルいよね。


基本的にどこでも上陸出来る。


 それが動力船舶とは違う、カヤックの強み。

P5291532.jpg

                                            トカラ列島、平瀬。

屋久島に移住して17年。森や川の緑や、海や空の青ばかり見てたら確実に視力回復しましたよ(ガイド談)


P5040066-r.jpg

        森の緑、水の緑。 どこまでも溶け込んでいけちゃいそうな、屋久島の川風景。

            何度見ても、何百回漕いでも、十何年住んでても、やっぱり美しいと思います。



新年お仕事初め♪

1月6日、本年一発目のツアーに行ってきました。海詣では2日に釣りに行っちゃいましたが、
お仕事ツアーは今日が本年のスタートです。だというのに、あいにくの雨予報。。。
住んでいる安房地区は朝からシトシトと雨が降っており、予報的にも一日そこそこ降る予報。
こりゃ駄目かーと思いつつネットで天気予報や各種情報を集めてみると島の南西側はほぼ降ってないじゃん!
おし、栗生に行けばきっと大丈夫!と予測をたて、お客さんをピックアップして島の南西へ車を走らせる。
お客さんも安房に泊まっていて昨晩から今朝までの雨音を聞き、こりゃさすがにやんないんじゃないかな?と懸念してたそう。

しかし中間港に着いてみれば予想通り、雨は全く降っていないし、風も無風。波も穏やかで全然イケそうです。
お客さんもあまりの天気の違いようにびっくり。屋久島って本当にエリアで天気が違う島なんですよね。特に冬は。

本日のご夫婦は年の差カップル。美人の奥様と10ウン歳年上の旦那さん。 旦那さん~うまくやりましたね。

P1060063.jpg

海に出て栗生方面へ漕いで行き、河口から栗生川をシーカヤックで遡る。川の水の透明感が半端無い。もともと物凄く綺麗な屋久島の川ですが、冬場の透明度は一段とクリア。手を付けるとキレキレに冷たく、空気感も海とは違いヒンヤリしていますが、でも頑張って漕ぎ上がって足を伸ばした価値はありましたね。

P1060068.jpg

川を下り、栗生海水浴場のビーチへ上陸。正月ということもあり、餅入りのおしるこを作ってすすっていると、レンタカーでお爺さん登場。ここって泳いでいいの?と聞かれたので、大丈夫ですけど海水浴には冷たいですよ~と答えると平気平気!と嬉しそうに着替え始めた。そしてお爺さんは海パン一丁で入水。勢いよく泳ぎ始めましたよ。肌の色もまっ黒に焼けてるし、泳ぎは力強いし、爺さん、カタギじゃないね。きっとトライアスリートかOWS(オープンウォーター)の選手だわ。いやいや正月早々変な人に遭遇しちゃいましたよ。

P1060072.jpg

帰路も元気に出発港まで漕いで、ガイドまさはついでに時々メタルジグを投げるもヒット無し。魚は釣れなかったな。

尾之間温泉に立ち寄ってほっこり温まり、安房で一緒にランチして、屋久島空港へお送りし、ツアー終了。
終わってみればほとんど雨に濡れることはない日でした。尾の間から北半分エリアはやっぱり終日雨でしたけどね。
いやホント屋久島って天気が読めない島です。ま、ここで15年ガイドしてて、だいたいは読めるようになりましたけどね。

そんな感じで冬でも結構ツアー出来ちゃいます~。 是非ご参加くださいませ!


プロフィール

屋久島のカヤックガイド・マサさん

Author:屋久島のカヤックガイド・マサさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク