スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄本島→奄美大島、カヤックツーリング報告

遅くなりましたが先日行ったシーカヤックでの海旅の報告をアップします。

2013年6月17日~29日の日程で、沖縄本島から与論島→沖永良部島→徳之島→奄美大島まで島々を渡るカヤックツーリングに行ってきました。メンバーは4人。昨年5月、屋久島から硫黄島(40km)→鹿児島本土(約50km)まで3泊4日で海峡横断をやったのだけど、その前回と全く同じメンバーです。今回は沖縄本島から北上し、鹿児島県本土から南に点々と連なる島々を奄美まで順々に巡ってきました。

今回は屋久島から沖縄本島までフェリーを乗り継いでリジット(折畳みタイプでないFRP艇などのことね)のシーカヤックを積んでいくことにして、17日に屋久島を出発。まず屋久島→鹿児島をフェリー“はいびすかす”で上がり、また沖縄行きに乗り換えて沖縄本島中部・本部港で下船。フェリー“はいびすかす”が6時間、沖縄行きが鹿児島からまた20時間…。いやーとにかくフェリー移動が長かった!

沖縄に南下するフェリーの中で天気予報を見ていると、なんと台風4号が発生! とりあえずフェリーは沖縄に着いたが2~3日は動けない感じだ。沖縄本島中部の本部港でカヤック&旅装備と共に船を降りた我々はサポートを頼んでいたカヤックフィッシャー新崎君と合流。天気も悪いので彼の家にお世話になることに。翌日は海峡横断出発は無理そうだが、なんとか漕げそうな本島中西部をトレーニングがてら新崎君の案内でツーリング。翌々日は台風で完全にアウト。読谷村の新崎邸に引きこもって飲んだくれ。

結局、旅の出発は三日遅れになったけど、本島北端辺戸岬(新崎嫁に送ってもらった。ありがとう!)から与論島まで渡るころには波もなんとか落ち着いてきた。ところで新崎君、我々の旅に同行したいということになり、彼の自艇で飛び入り参加。でも彼のカヤックはレクレーション用の足漕ぎシットオンカヌーだ。ちょっと心配だったが抜群の体力と精神力(脚力も)で与論まで6時間漕ぎきった。新崎なかなか根性ある。並みの奴には真似出来ん。

一発目の与論島までは距離23km程、6時間程で渡り、肩慣らしにはちょうど良い距離だったが翌日からの沖永良部島、そして次の徳之島までは連日50km、10時間コースのなかなかハードなパドリングになった。

P6250189.jpg

風は北上する我々にはほぼ南西からの追風で一定していて、毎日6~10m/sと結構強めに吹いていた。毎年梅雨明け前後に吹くこの風を沖縄では “カーチベー” と呼ぶらしい。この風を使って効率良く旅を進めるべくリサーチしてわざとこの時期を選んだのだ。けど追風はいいけど、ちょっと強すぎだ。 毎日吹き飛ばされるようにして漕ぎ進んだ。仮に予想以上に波が高くなっても出たら最期、引き返すのは困難な風だった。毎日、カヤックで追い波サーフィンの連続だった。

P6240175.jpg

台風一過、天候には恵まれ連日晴れてたが、やはりそんなに甘くない。激潮地帯あり、爆風あり、時にはスコールみたいな嵐に見舞われながら漕ぐ日もあったな。

P6270217.jpg

旅の期間中はずっと野宿。夜明けが早いし日が登ると暑いので毎日自然と夜明け前に目が覚め、出発は早ければ6時前に行動開始。朝焼けの中、見えない次の島を目指して漕ぐ経験はたまにしかない。でもそんな旅もたまにはいいもんだ。コンパスを頼りに角度を出し自分達の智恵と腕一本を信じて漕ぎ進む。3~4時間漕いでようやく目指す次の島がボーっと見えてくる。見えてくればこっちのもんだ。目標を目指して辿り着くまでひたすら漕ぐだけだ。

P6240169.jpg

自分はソロ(単独行)のカヤック旅も結構やってるし、それはそれで嫌いじゃないが、毎日島から島へ10時間とか漕ぎ続けるこんな酔狂な旅には旅の仲間がいると随分と気が楽だ。事故リスクも何割かは軽減すると思われる。

P6220152.jpg

奄美入りするまでは結局各島に一泊づつ。日程の都合上そんなにのんびりは出来なかったけど各島の雰囲気はそれなりに味わえた。港に上陸してからは冷たいビールと美味い飯屋(&運が良ければ風呂も)を求めてよく徒歩で歩いた。奄美入り後は天候不順で嵐のような晩もあった。奄美~加計呂麻の大島海峡ツーリングは楽しみにしていたけどもベタ凪快晴とはいかなかった。それに各人仕事と家庭事情を抱えて日程が足りず、当初の計画通りに名瀬港まで辿り着けず、車を使って陸路少しばかりキセルしてしまった。だが、まずは今回の一番の目的だった沖縄~与論~沖永良部~徳之島~奄美という海峡横断は無事達成出来た点は満足だ。奄美大島はまたいつかのんびりと満喫しに行ってみたい。それに次はやはり奄美から上、トカラ列島を旅してみたいもんだ。



旅から戻れば急速に現実に引き戻され、バタバタと仕事や家の用事に忙殺されて毎日はあっという間だ。当分は稼ぎ時の繁忙期にてしっかりと稼がねばなるまい。 ささっ、仕事仕事~!!




                          以上、報告でした!









スポンサーサイト
プロフィール

屋久島のカヤックガイド・マサさん

Author:屋久島のカヤックガイド・マサさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。