FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018冬-対馬遠征記 with カヤックコマンドー部隊


p1.jpg

2018年11月末、対馬を旅してきました。九州の北部に位置する壱岐と対馬は以前から行ってみたいと気になっていた島々でした。短い日程で壱岐には寄れそうにないですが、対馬を旅してみることにしました。

今回は縁あって、カヤックコマンドー(知る人ぞ知る有志のガチ変態カヤッカー集団)が対馬へ集結。約10日間かけて対馬を一周(約200km)しようという計画です。集まったメンバーは8名。といっても今回自分はこの後の予定(しまなみ海道研修)との兼ね合いもあり対馬旅へ割ける日程が4日間と短く、一周は難しいので前半の下島一周のみ同行することになりました。

さて今回の旅の相棒はこちら。ウォーターフィールドカヤックス社(以後WFK)製のシメスタ5分割仕様です。世界中見渡しても5分割のリジット艇はこのモデルのみ。奇才水野さんが研究を重ねて開発した、まさに遠征カヤッカーへ向けた旅するシーカヤック。水野さんのご厚意でお借りすることが出来ました。出発前、水野さんに組み立て方法のレクチャーを受けながら組み上げます。

p0.jpg

初日朝、夜が明けてきて出艇準備。今回はメンバー全員シングルカヤックで出ます。対馬内湾の浅茅湾(あそうわん)にある対馬カヤックスさんのベース基地から出発です。湾内は波は全く無く穏やかでまるで湖の湖畔にでもいるようです。初心者がシーカヤックを体験するには最高に条件の良いフィールドと言えるでしょう。

p2.jpg

湾内から漕ぎ出して迷路のような島々の間を抜け、外海に出ました。やっぱり外洋気持ち良い!内海の静かで入り組んだ海も安心出来て良いですが、やはり外海のうねりを感じるとこれぞシーカヤックだぜ~とワクワク気持ちが躍ってテンション上がります。

p3.jpg

今回は島の中央部付近から東海岸を南下し、時計周りで対馬の下半分をぐるっと漕ぎます。ゴツゴツとワイルドな地形で洞窟も多数ありました。可能な限り入って遊びつつ進みます。

p5.jpg

旅の道中はずっとキャンプでした。今回釣りはしませんでしたが、上がった港で魚を戴くこともありました。対馬はブリやヒラマサなど回遊魚が沢山釣れる海域のようです。あちらこちらでナブラが立って魚が沸いており、シーカヤックから海中に回遊魚の大群を見ることもしばしばでした。釣り道具を省いて持参しなかったことを非常に後悔しました。

p4.jpg

出発して三日目。100kmほど漕いで郷崎到達。戦時中の砲台跡があるというので上陸して登ってみました。写真の3名は左からパドリングウルフ名倉さん。名倉さんはお客さんを連れて何度も対馬を訪れています。中央パドリングアーキペラーゴ島崎くん。島崎くんはグリーンランドやアイルランドなどの遠征を経験しているカヤッカー。右端の大内くんはグランドキャニオンの激流をリバーカヤックで2度も下っている。強者揃いです。

p6.jpg

中央下に写っているゴツイ人はアルガフォレストの柴田さん。カヤックコマンドー隊長です。かつてノルウェー海岸線を3000kmも旅したり、近年はアリューシャン遠征にも出かけている日本シーカヤック業界のレジェンドパドラーです。ちなみに奥に後ろ姿で写っているこれまたゴッツイ人が“カヤック誌”編集長の野川さん。小柄ながら格闘家のような体格で海ゴリラと呼ばれています。熊のような柴田さん、ゴリラのような野川さん、この二人とは絶対に力比べしてはいけません。

p8.jpg

下島を一周して浅茅湾に無事戻ってきました。再び鏡のような海の湾内。湾の奥へ奥へ進むと懐かしい対馬カヤックスのクラブハウスが見えてきました。三日間あっという間でした。

p9.jpg

下島を一周してひと段落、前半戦の打ち上げをしました。自分はここで対馬の旅を終えますが、他のメンバーは上島一周もう半分が残っています。ここには車(パドリングウルフ号)を置いてあるのでスーパーへ補給に行けます。肉に飢えていた我々は山のように肉を買い込んできて酒池肉林の宴会になりました。ありえないくらい肉を買いましたが、あっという間に無くなりました(笑)

p7.jpg

コマンドーの3トップ(左から名倉・柴田・野川)が仲良くシュークリームを頬張っています。なかなか見れない光景かもよ(笑)

p10.jpg

焼肉宴会の晩、皆は明日からの上島一周再出発に向け就寝。自分はシメスタ5分割艇を分解、パッキングします。今回、WFK水野さんのご厚意により、このまま5分割艇をお借りして持ち帰ることになりました。次に控えたしまなみ海道でのJSCA(日本セーフティーカヌー協会)潮流研修でも乗ってテストしたかったし、5分割艇ならではの旅をいくつかしてみたい。水野さんに「いい加減返せ!」と言われるまではとことん使い倒してやろうと思います。もちろん、水野さんの為にいっぱい宣伝もしますよ!

p11.jpg

ところで帰りのフェリー。5分割艇は収納しても2個口。ギリギリに詰めてパッキングしてもこんな感じの大荷物に。乗船時も下船時も一回で運びきれず2往復して大汗かきました。この荷物に更に潜り道具と釣り道具が加わったら人力運搬不可でしょう。宅急便や飛行機、うまく使わないといけないね。

終わってみればあっけなく、三日しか漕げなかった対馬。しかし日本全国&世界各地を漕いできた強者揃いのカヤッカーと一緒に漕ぐことが出来て、なかなか濃い三日間でした。壱岐&対馬はいずれ、九州本土から海峡横断して渡ってみたい海域であり、次に訪れる時はフェリーではなく、シーカヤックで上陸してやろうと狙っています。また行くぜ!

また、今回旅を共にして戴いた野川さん、柴田さんはじめメンバー全員に感謝します。みんな本当に強いカヤッカーでした。また機会があればどこかで終結して、同じメンバーで旅が出来たらと願います。



48388852_2031321383611203_9020198016212008960_n.jpg

最後に対馬一周を果たした仲間6人の雄姿を。みんなイイ顔してる! 左からパドリングウルフ名倉、フルマークス大内、ウォーターフィールドカヤックス水野、アーキペラーゴ嶋崎、レインドッグ野川、アルガフォレスト柴田。 加え前半部は、シーカヤック長崎の岩永と私、カヤックツアーKAZE今野で8名でした。

                                   ではまた次の旅で!


 ※参考までに以下、仲間の皆様のリンクを貼っておきます↓

    対馬でシーカヤック楽しむなら  対馬カヤックス 

    5分割艇ほか、各種シーカヤック購入は  ウォーターフィールドカヤックス

    野川氏が編集長を務める業界誌(私も連載中です)  KAYAK

    三浦半島の老舗アウトフィッター  パドリングウルフ

    野川編集長のお店(千葉)  レインドッグ

    嶋崎君が今年開業したお店(南房総) パドリングアーキペラーゴ

    柴田隊長のお店(伊勢) アルガフォレスト

    大内君の所属する、ノローナ等アウトドアウエアの卸販売 フルマークス

    日本4台島一周を果たした岩永さんのお店(長崎)  シーカヤック長崎
 

 





スポンサーサイト

甑島を旅してきました。

11月4日からガイドまさは遅~い夏休みを頂きまして、同じ鹿児島県内の甑(こしき)列島を旅してまいりました。

甑島は上甑・中甑・下甑の3つの島から成る島々で鹿児島県本土より約40km弱、フェリーで1時間ほどの距離に位置します。
上甑には同業者の仲間も住んでいたり、行ったことのある友人知人の土産話なども聞き、前々から大いに気になっていました。

今回タイミング良く、行けそうなチャンスが巡ってきたので家族に休暇申請許可が下り、いそいそほくほくと旅に出たのでした。

まず下甑島から攻めました。下甑は断崖絶壁・奇岩・海蝕洞窟多数のダイナミックな海岸地形が多きます。魚影も濃く、潜っても釣りでも大物が狙え、シーカヤッカー、釣り師、魚突き師(全部当てはまる人、ワタクシ)にはそそる要素が満載の島なのです。

PB060278.jpg

上写真みたいな景観が続きます。カヤックでくぐれる洞窟も数多く有り、入って遊びました。写真右奥に見えてる巨岩が観光名所になっている「ナポレオン岩」です。その名の通り、ナポレオン皇帝の横顔に見えなくもない高さ100m以上ある大岩です。

PB100350.jpg

写真上、こちらは上甑のとある浜です。カヤックで出る時は背中にロッドを刺して漕いでいました。良さそうなポイントがあればジグ(ルアーね)等を落として海中の魚を探ります。あんま釣れなかったケド・・・。

PB100341.jpg

今回、前乗りした友人がカヤックや釣り道具を車で運んでくれたこともあって、自分は陸路の移動は身軽にロードバイクで動きました。屋久島の家から港まで(約20km)、鹿児島市内から甑航路の港まで(約50km)などは自転車で走りました。甑島へも輪行(自転車を畳むこと)して持ち込んだので、甑でも少しだけサイクリングも楽しめました。

今回の旅の日数は9日、甑には実質7日間の滞在でした。自分にしてはかなり短い日数で、その中でシーカヤックや釣り、魚突き、サイクリング、キャンプなどかなり欲張ったので、すべてが完全燃焼とはいかない滞在でしたが、まあそのぐらいの方が次に機会に楽しみを残していて良いんじゃないでしょうか。

同じ鹿児島県内にあって近くて行きやすいし、絶対また訪れようと強く印象づけられた島々だったのでした。

そして他所から戻ってみれば自分のホーム、屋久島はやはり最高に魅力的な場所で、ああここに自分の帰る場所があるって、つくづく幸せなことだよなぁ~と思うんです。





くぐったら異次元?


 デッカイ大岩にデッカイトンネル! 毎度毎度その景観には参ります口永良部島。 圧巻です。

P8240348.jpg

リピーター様ツアーでちょいと口永良部島まで漕いできたのです。 寝待温泉の真ん前にこのタチガミ様は鎮座しておられます。その威容に我々カヤッカーはひれ伏し、怖れ敬いつつも、その内部へと潜らせて戴いたのでした。向こうへ抜けるとそこは黄泉の世界へ繋がっていて…、なんてことはありませんでした。でも帰りは一応現世へ戻って来られるように反対側からコッチへと通り抜けてきました。


どこに上陸する? そりゃ冷えたビール買えるとこでしょ! 

 
 3時間漕いで永田の砂浜がようやく見えてきた。 口永良部島往復ツーリングの復路。  

P5310138.jpg

 早く上陸してビール飲も~ぜい! 

 

南西諸島のカヤック海旅から屋久島に戻ってきました。


6月17日より出かけておりました沖縄方面の旅を終え、代表マサ&スタッフじもん、本日6月29日無事屋久島に帰還いたしました。明日からツアー営業再開出来ます。今回は沖縄本島から奄美大島までの島々をカヤックで駆け抜けてきました。面白い旅でした。旅の詳細は近日中にまとめてアップしたいと思います。とりあえずは戻ったばかりにてご報告まで。

プロフィール

屋久島のカヤックガイド・マサさん

Author:屋久島のカヤックガイド・マサさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。