スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淀川はただただ美しかったのだ。

もうすぐ暦は10月だというのに、果敢(無謀!?)にも淀川の沢登りに遊びで行ってきたんだ。ここに来るのは2回目だ。前回来た時の美しい印象が忘れがたく「いつかまた行こう」と友達と話していたのだが、夏は暇が無くて秋にまでずれ込んでしまったのだ。ここを逃すとまた来夏に持ち越しとなりそうだったから、少々寒いのは覚悟で行ったんだ。

淀川小屋の脇からエントリー。 上流を目指す。

水が相当に冷たいであろうと想定して完全装備で挑んだ。ウェットパンツにウェットトップ、パドジャケ、ライフベストにヘルメットといったいでたちだ。淀川小屋までの普通の登山道ではちょっと目立つのだが、幸いあまり一般の登山客とは出会わなかったので良かった。

淀川はポットホールがやたら多い。大小さまざま、いろんな造形のがあって楽しい。

それにしても淀川はポットホールだらけだ。いろんな大きさや形、深さで面白い。その一つに入ってみる。金魚鉢みたいな可愛いのも沢山あるが覗きこんでも魚は一匹も居ない。

こちらはミニサイズのポットホール。はまってコケないようにね。

この日の水温はざっと10℃以下。手が切れるように冷たい。もしも水にはまったとしたら30分程で動けなくなり1時間以内に低体温症で死ぬであろう。足元だけならウェット生地の沢タビのおかげであまり冷たさは感じないのだが。

綺麗!泳ぎたい!でもきっと風邪をひくことであろう・・・。

それにしてもやっぱりここは別世界だ。苔が水みずしく生き生きとしていてとにかく綺麗だ。苔マニアでなくともじっくり見入ってしまう。下流の沢のような巨石群が少ないので難易度もそれほど高くはない。のんびりパシャパシャと沢を歩いてゆける。方角的に意外に日中通して光が差し込むので光線状態も良い。写真撮影にも適しているだろうね。また行こうっと♪

スポンサーサイト
プロフィール

屋久島のカヤックガイド・マサさん

Author:屋久島のカヤックガイド・マサさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。