スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洞窟探訪。

湯泊?栗生にかけてのエリアをツーリングしてきました。島の南西部にあたるこの海域は洞窟が多数あったり岩の隙間を縫って通れる狭い水路があったりと結構面白いです。そんな洞窟の一つにシーカヤックで上陸してひと休み。屋久島のこの地域にはむかし、平家の落人伝説が残っている。海岸線のこんな洞窟にもひょっとしたら落人やその姫が潜んでいたかもしれない、なんて思いを馳せるとワクワクしますね。

湯泊海域は洞窟の宝庫だ。 ここには4つ並んであるのだ。

海上でいろいろなものに出会いました。ウミガメ多数、飛び魚の飛翔(ホント飛ぶ!)、ダツ(コイツは嘴が怖い)。ずっと遠くの沖にカジキっぽい巨大な魚(たぶん2m以上あったんじゃないかな。未確認)が2度ジャンプしたのが見えた。形からしてもサメではなかったとは思うが・・・。

シーカヤックから2mほどの至近距離にいる“アカウミガメ”です。判りずらいって!?

上の写真はカヤックから2mほどの距離のアカウミガメです。判りにくくてスンマセン。屋久島でのシーカヤックはウミガメ頻繁に見かけますが、写真撮るのは意外と難しいんですよね。こっちは漕いでて手が塞がってるし、すぐ潜っていっちゃうし(言い訳です・・・)。この個体はあきらかに我々に気づいてなくて、海上にしばらく浮いていたので、2mくらいの至近距離まで接近、急いでポケットからデジカメを取り出したところで気づかれ潜っていきました。

ところで湯泊の海岸の上に、友人が家を自分で建築中なのですが、海上からずっと見つかるかどうか探しながら漕ぎました。そしたらバッチリ見つけましたよ!木の陰にそれらしきのが確認出来ます。人影が動いているのも見えたのできっとアレは作業中のKさんだ!海側から見てもすごく良い場所です。家が完成した暁には、西の海に傾いてゆく夕日を眺めつつデッキでビールを飲む。気が向いたらいつでも下の海岸に釣りに行けるし、海岸にシーカヤックを置いておけばすぐ目の前の海から漕ぎ出すことも出来る。自分ならぜったい海の見える露天風呂も欲しいね。

う?ん! それはナカナカにイイ人生じゃないか。 羨ましい。


スポンサーサイト
プロフィール

屋久島のカヤックガイド・マサさん

Author:屋久島のカヤックガイド・マサさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。