スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新作パドルレビュー

新製品のカヤック用パドルが入荷。早速一日テストしてきましたので、レビューしてみたいと思います。

PB290068.jpg

メーカーはスイングスターといいます。愛知県の業界の先輩のショップさんがオリジナルで開発し、新たに立ち上げたパドルメーカーです。こちらはフルカーボンの最上位モデル「エンペラー」 ベントシャフトとストレートシャフトがラインナップされていますが、今回僕はストレートシャフトの方をチョイスしてみました。定価¥33000也。750gを切る超軽量パドルです。長さは210~220で調節可能。角度も任意角に自在で可変出来るシステムでいろんなタイプのカヤックに乗り換えたり、人に貸したりする機会も多い我々ガイドには便利なシステムです。ブレードはフォームコアで浮力があり、水のキャッチから水上に抜く際に抜けが良いパドルです。フォームコアの浮力は極端に高過ぎず、水中でも動かしやすく適度で好印象ですね。ブレードは小振りで軽く、強すぎないキャッチ。自分が10年来愛用しているワーナーのパドル「サイプレス・ベントシャフト」と比べても感覚が似ていて、違和感が無いです。パドルのキャッチは漕ぎ方や体力、力量、使用用途などで人それぞれ、好みが分かれるところだと思いますが、自分は個人的には、ガツンと一かきごとのキャッチの強いパドルよりは、軽くて弱めのキャッチのパドルを高いケイデンス(回転数)でピッチをあげ、高回転でぶん回したいタイプなのでかなり好みのタイプのパドルだと言えます。これでワーナーのカーボンパドルの半値以下、驚きのコスパです☆ シャフトが少し細くて好みとは違い、一日50kmとか10時間とか漕ぐシビアな旅や海峡横断にはメインで使うには少しキツイかなと感じましたが、普段のツアーや釣りなど日常使いには充分すぎる使い勝手です。コスパも高いのでガンガン使い倒せそう。今後愛用するパドルになると思いました。今後パドルマーケットで台風の目になるモデルなんじゃないでしょうか。

PB290077.jpg

そしてもう一本は同じスイングスターの廉価版エントリーモデル 「インフィニティ」 お客様向けの使用用途として試しに2本仕入れてみました。こちらは丈夫なポリマー製のブレード。シャフトはカーボンです。今回仕入れたのは215~225cm、角度自在のバリアブルシャフト。重量は900gを切ってます。定価¥16000也。エンペラーのスペアに一緒に持っていき片道の3時間ほどを使いましたが、漕ぎ味は上位モデルのエンペラーとよく似ていて遜色なく、ポリマーのブレードも固めで力が逃げず、ダイレクトにパワーが伝わります。よく、エントリーモデルは柔らかすぎたり重すぎたり、強度が疑問だったりするんですが、このパドルなら充分に海でも使えるでしょう。アマチュアの一般ユーザーが最初に購入するパドルとしては必要充分だと思います。私も周囲のカヤッカーやお客様に自信を持ってお薦め出来るモデルです。

屋久島の島内の事業者&カヤッカーでスイングスターパドルを使ってみたい、欲しい、という方がおりましたら、試用・販売いずれも可能ですので、私、カヤックツアーKAZE・今野(0997-46-2989)までご相談ください。




スポンサーサイト
プロフィール

屋久島のカヤックガイド・マサさん

Author:屋久島のカヤックガイド・マサさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。