出張佐多岬

 
 九州本土最南端 “佐多岬” を漕いできました。 

PC070130-r.jpg

 11月27日~12月4日まで、所属するJSCA(日本セーフティーカヌーイング協会)の会員研修会参加で九州本土へ出て、北九州や球磨川ダウンリバー、鹿児島錦江湾でSUP研修やイントラ資格検定などに参加したのですが、 その帰路にJSCAのカヤック仲間と漕ぐチャンスがあり、念願叶いました。

いやあ~前々から漕いでみたかったんですよね、佐多岬。

過去にやった海旅、屋久島→薩摩硫黄島→鹿児島本土のアイランドホッピングの際などには開聞岳側に渡ったんですけど、海上で右手に佐多岬が見えていて、すごく気になっていました。屋久島⇔鹿児島便のフェリーに乗る際もいつも見えてるしね。

PC070287.jpg

今回はお客さんと漕ぐのとは違い、各地で活躍するJSCAのイントラなどカヤックのエキスパートばかり5人なので、何の心配は要りません。実は我々プロガイドが人の心配をせずに漕げる機会はあまりないもんなんですよ。気楽で楽しいひと時です。

PC070301.jpg

佐多岬先端を回りましたが、さすがは九州最南端の難所の岬、結構激しく潮の流れがぶつかっておりました。

海流 “黒潮” かな? とも思いましたが、どうやら潮流だそうです。錦江湾から外に出てゆく潮が、ちょうどとんがって突き出した大隅半島突端の佐多岬に当たるようです。

並みのカヤッカーならびびって近づかないところでしょうが、そこは遊び慣れてる漕ぎ手ばかりです。波立ってシャーシャー流れるエリアに突っ込んでサーフィンして遊びます。もうちょい激しくても良かったあな。春の大潮激潮流の時なんかにまた体感してみたいもんです。そんな風に考えてしまうあたり、たぶん少し頭のネジが狂ってきているのかもしれません。

それにしても佐多岬周辺、良いフィールドでした。またチャンスがあれば行きます。

次回は種子島からシーカヤックで渡ってみたいもんです。 いつか狙ってみます、絶対に。













プロフィール

屋久島のカヤックガイド・マサさん

Author:屋久島のカヤックガイド・マサさん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク